予防歯科・定期健診

虫歯や歯周病にならないために。

「歯科医院は歯が痛くなって通うところ」、そんな風にお考えではありませんか?
虫歯や歯周病によって歯を失うリスクを大幅に低くするために一番大切なのは、毎日のホームケアです。
しかし、いくら時間をかけてブラッシングしていても、歯面や歯肉に当たっていなければ意味がありません。
忙しい日々の中で、毎日しなければいけないホームケア。
継続して行っていただける、一人一人に合ったブラッシング方法を衛生士がご提案します。
大切な歯を失うことのないように、予防歯科をお気軽にご利用ください。

予防歯科とは?

歯科衛生士

予防歯科の意義・目的

「歯は一生もの」で永久歯に生えかわったら、抜けてしまっても生えてくることはありません。 虫歯、歯周病を防ぐためにお口の健康を維持することで、美しい歯をいつまでも保つことができるのです。 その為に衛生士による定期的な検診・メインテナンスを行うことが重要です。

なぜブラッシングが必要なのか?

人の身体の中には沢山の種類の菌がいることで、健康状態を保っています。お口の中も例外ではありません。
現在虫歯菌や歯周病菌と呼ばれている菌は、いつもお口の中に潜んでいる常在菌なのです。しかし、菌が増えすぎてしまうと虫歯や歯周病になってしまいます。
疲れが出た時風邪をひいてしまうように、身体を守る免疫よりも菌の力が増したとき、虫歯や歯周病は進行するのです。
そのバランスを保つために正しいブラッシングが大切なのです。

歯科衛生士による検診・クリーニングをお勧めしております。

虫歯や歯周病には、なりやすさがあります。正しいブラッシングをしていても、人によっては虫歯や歯周病になってしまう方もいらっしゃいます。早期発見の為にも、定期的な検診が有効です。
また、日々のブラッシングでは取りきれない汚れをとるのが歯科衛生士によるクリーニングです。
小野寺歯科では、現在治療している患者さまだけでなく、皆さまにいつまでも健康な歯を保っていただけるように3ヶ月~半年に1回程度、歯科衛生士による定期健診・クリーニングを勧めております。
治療だけではなく、予防することで虫歯や歯周病になる確率は低下しますので是非ご来院ください。

フッ素塗布

フッ素は歯や骨によい影響を与えることで知られています。
人間の歯の表面は、人体の中でもっともかたいエナメル質でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまいます。
フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強く溶けにくい物質に変えることが可能です。
当院では定期検診・クリーニング時にフッ素塗布を行うことも可能です。

治療のご案内

審美歯科

インプラント

歯周病

矯正歯科

予防歯科・定期検診

   
PAGE TOP