歯周病

“日本人成人の80%は歯周病です”

歯周病は歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。
初期症状は、歯肉が腫れてブラッシング時に出血します。
それが進行すると、歯肉の下にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。
虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯肉もとても大切です。
初期状態であれば治癒も可能ですが、進行すると外科処置によって進行を止めることはできても、完治することはできません。
早期に治療する事が重要です。

歯周病の進行度

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化にはなかなか気がつきません。
気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人は歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。
さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い 病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因にもなりえます。

健康な状態
初期の歯周病
中程度の歯周病
重度の歯周病

歯周病治療の流れ

小野寺歯科では3~6ヶ月に1回のメインテナンスを推奨。

治療のご案内

審美歯科

インプラント

歯周病

矯正歯科

予防歯科・定期検診

   
PAGE TOP